8月の暑さも終わり!?涼しい風吹く「立秋」「処暑」へ

ここ数日、厳しい暑さが落ち着き、秋の気配を感じるカラッとした陽気が続いています。

二十四節気では8月22日に「立秋」が終わり、23日から「処暑」へ突入します。

今回はこの立秋と処暑について調べてみました。

意味やどんな日なのかを知らない人もこの機会に知っておきましょう!

秋の始まり「立秋」(りっしゅう)

「立秋」は、二十四節気のうち毎年だいたい8月7日ごろ、およびつぎの二十四節気「処暑」前日までの15日間のことをいいます。

四立(立春・立夏・立秋・立冬)のうちのひとつであり、この立秋の日から立冬の前日までが暦上の「秋」になります。

暦便覧には「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」とあり、夏の秋の気配が立ち始めるころを意味します。

この時期には、朝夕の風が涼しくなったり、虫の音に秋の気配を感じられるようになります。

一方で、日中はまだまだ残暑が厳しく30度~35度超えなどの猛暑日が続きますので、熱中症には十分な注意が必要です。

今年の立秋は8月7日から

今年2018年の立秋は、8月7日(~22日まで)です。街の洋服店も夏物のセールが終了し、一足早く秋物の新作が出始めるころですね。

ひとつの節気を約5日ごとに「初候・次候・末候」の3つに分けた七十二候では、【初候】涼風至(すづかぜいたる)…涼しい風が立ち始める/【次候】寒蝉鳴(ひぐらしなく)…蜩が鳴き始める/【末候】蒙霧升降(ふかききりまとう)…深い霧が立ち込める/季節です。

また立秋をすぎると8月7日以降の暑さは「残暑」と表現されるようになり時候の挨拶も変わります。そのためこの8月7日以降は「暑中見舞い」ではなく「残暑見舞い」を送る時期になります。

暑さの止む、「処暑」(しょしょ)

毎年8月23日ごろは二十四節気「処暑」です。期間としての意味もあり、8月23日からつぎの二十四節気である「白露」前日までを意味する場合もあります。

暦便覧では「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」とあり、暑さが峠を越え和らぎはじめるころをあらわします。

体感的には朝晩の風が涼しく、過ごしやすい気温になります。ただし台風が上陸しやすい時期でもあるので急な天候の変化には注意が必要です!

今年の処暑は8月23日

今年2018年の処暑は8月23日(~9月7日まで)です。

七十二候では、【初候9綿柎開(わたのはなしべひらく)…綿を包む萼(がく)が開く/【次候】天地始粛(てんちはじめてさむし)…ようやく暑さが鎮まる【末候】禾乃登(こくものすなわちみのる)稲が実る/というような季節になります。

この時期に行われる行事では、関西を中心に行われる「地蔵盆」が有名です。地蔵盆は8月23~24日を中心に、子どもの守り神である地蔵菩薩(お地蔵様)に感謝し、健やかな成長を祈って開催される子供のためのお祭りです。京都が発祥とされ、室町時代から盛大にお祭りが開かれていたといわれます。

関東でもこの時期に行われるお祭りはたくさんあります。暑さも落ち着きはじめたこの「処暑」の時期を狙ってお祭りに参加してみるのも良いですね。

おわりに

いかがでしたか?

ふだんなんとなく空気感や匂いで感じる季節の変化。

二十四節気を知ればさらに季節や、暦の移り変わりを身近に感じられるようになるでしょう。