夏の季節行事「お盆」の意外と知らないお供え物や風習

お盆とは

「お盆」は、年に一度、浄土から帰ってくる故人や先祖の霊を迎え、供養する日本の祖霊崇拝行事の一つです。正式には仏教用語の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」のことをいい、これを略して「お盆」と呼ばれています。
東京では毎年7月13~16日にかけての「新の盆」、その他の地域では8月13日~16日を中心とした「旧のお盆」(または月遅れのお盆)で行うことが多いようです。どちらも13日がお盆入り、16日がお盆明けとされます。

新の盆と旧の盆の違い
旧のお盆

【お盆入り/迎え日】8月13日
【中日】8月14日
【お盆明け/送り日】8月16日

新のお盆

【お盆入り/迎え日】7月13日
【中日】7月14日
【お盆明け/送り日】7月16日

地域によるお盆の開催時期の違いは、明治維新後の改暦にゆえんします。もともと旧暦7月15日とされていたお盆は、改暦に伴ってまるまる1ヶ月遅れの新暦8月15日になりました。
そこで新暦の7月15日を新しい盆「新の盆」としましたが、実質1ヶ月早まったことで初夏の忙しい季節にぶつかってしまいまうことに。これによりお盆を「旧の盆」と「新の盆」で行う地域でわかれていきました。

お盆の風習(迎え火と送り火)

お盆には「迎え火」と「送り火」という先祖の霊が迷わないように火を焚く習わしがあります。お盆入りの13日の夕方に、家の前で焙烙という素焼きの皿の上でおがらを焚き「迎え火」で、煙に乗ってやってくる故人や先祖の霊を迎え入れます。同様に、お盆明けの16日の夕方には「送り火」を炊いて迎えた先祖の霊を送り出します。
実際に火を焚くのが難しい場合には、家の戸口や玄関に盆提灯を飾って目印にします。また、故人が亡くなって四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆(新盆、初盆)に限っては、「白紋天(しろもんてん)」と呼ばれる白い無地の提灯を飾ります。
迎え火と送り火の日程は、地域の風習や家庭によって前後しますが、16日に送り火をする場合、14,15日はお盆の中日として親族でお墓参りや法事を行うのが通例です。

お盆の風習(飾りやお供え)

迎え火の他にもお盆を迎える準備として、お盆入りである13日の午前中までに、お墓や仏壇を綺麗に整えたり、お盆棚(精霊棚)にきゅうりとなすでつくった精霊馬や精霊牛をお供えします。
これらは浄土からやってくるご先祖さまの霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物としての役割を持ち「迎えは足の速い馬に乗って早く来られるように、帰りはゆっくりお帰りいただく」という意味の込められています。こうしたお供え物は16日の送り火の日に川へ流すか処分します。

おわりに

いかがでしたか?
また地域によっては、毎年灯籠流しや盆踊りといった先祖の霊を供養するイベントなどが開かれるなど、お盆期間中の過ごし方はさまざまなのようです。