宝石の輝きがあなたの力に☆3月生まれの誕生石

あなたは自分の誕生石を知っていますか?

綺麗なアクセサリーとしてだけでなく、神秘的な力をもつお守りとして身に着けていられるのがパワーストーンの大きな魅力!
自分で身に着けても、大切な人へのプレゼントとしても素敵ですね。

今回は【3月】の誕生石が持つ効果をご紹介しましょう!

アクアマリン

ラテン語で「海の水」を意味するアクアマリン。その名の通り水のように澄んだ輝きを持ち、ギリシャ神話では海の精霊の宝物が浜辺に打ち上げられて生まれたと言われています。海との関わりが深いことから古くより航海・豊漁のお守りとされてきた石で「幸福、調和、若さ」などを象徴します。

石言葉は「聡明・沈着・勇敢」。見るだけで心を洗われるような癒しを与えてくれるため、あらゆる人間関係の改善、コミュニケーション能力をアップしてくれると言われています。また、母なる海のように相手を包み男女の絆を育むとされ、幸せな結婚に繋がるアクセサリーとしても人気です。

身に着ければ停滞したエネルギーを押し流し、いつでもフレッシュな気持ちで行動できるようになります。自分自身は勿論、周囲の人を癒したい時にオススメしたい石です。

ブラッドストーン

黒に近い緑に浮かぶ斑点状の濃赤が印象的なブラッドストーン。キリスト教ではイエスの血がしみ込んで生まれたと信じられました。エジプトでは別名ヘリオトロープと呼ばれ、太陽の力を宿す石として神聖視されています。

石言葉は「献身・勇敢・救いの力」など。血液や命そのものに深く関わり、生命の繁栄に繋がる事全般に影響力があるとされています。肉体面でのお守りとしては、血止めや血液関係の病気、妊娠や安産に効果的。喪失感や精神的な疲労を鎮めるなど心のサポートまでしてくれます。

心身共に活発に活動したい時、子宝を望む時に身に着けてみましょう。

珊瑚(コーラル)

珊瑚は日本独自に選定されている誕生石です。真珠と同じく鉱物ではないのですが、東洋・西洋を問わず人気が高く、宝飾品として扱われている歴史も古い事から「宝石」として分類されています。日本でも瀬戸内を中心に多く産出されており、誕生石に選ばれているのはこの為かもしれません。

珊瑚には様々な色がありますが、パワーストーンとして扱われるものは白・ピンク・赤が主。おめでたいカラーリングから厄除け・幸福を招くお守りとして大切にされています。赤珊瑚を使ったお守り「コルノ」は現在でもイタリアの名産です。

石言葉は「確実な成長・幸福・長寿」。万物の母である海と関わりが深いため、女性や子供を守るとも伝えられてきました。出産のお守りやお祝い、着実に成長していきたい時にピッタリの石と言えるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?
3月の誕生石はどれも海や生命に関わる宝石ですね。身に着ければ家内安全と健康対策は万全かも!

パワーストーンは石の持つ効果や意味はもちろん、あなたが気に入るかどうかのフィーリングが最も大切。
色や形、手触りなども参考にして一番のお気に入りを見つけてくださいね。