【性格診断】あなたはどのタイプ?寝相でわかる本当の自分

人間は無防備なとき……つまり寝ているときこそ本質や精神状態が深層心理としてあらわれるといいます。

今回は基本的な8つのパターンを紹介します。あなたに当てはまる寝相はありますか?

1.王様型……自信家

仰向けで腕や足を広げて眠る人は、開放的な姿からわかるように「自分に強い自信を持っているタイプ」です。個性的かつ積極的で行動力があり、芸能人タイプともいえます。また、細かいことはあまり気にしないおおらかな人柄で自然と人をひきつけます。その一方で自分中心に物事が回っていると思いがちで、相手の細かな感情を読み取ったりするのは苦手です。

2.兵士型……生真面目

仰向けで気をつけのポーズのように手足を身体にくっつけた状態の兵士型は、「生真面目さん」。冷静で思慮深く、ルールを守ることを重視する保守的な思考の持ち主です。とても努力家で、困難を乗り越えて目標を達成することが好きですが、自分がリーダーになるというよりは組織の一員でいることを好みます。また、自分自身だけでなく周りの人にも厳しい人です。

3.胎児型……甘えん坊

膝を抱えるように体を丸めた寝相の胎児型は、人一倍警戒心が強いけれど、誰かに守られたいという気持ちが強い「甘えん坊タイプ」。自分の殻に閉じこもりがちで、初対面の人と打ち解けるのは苦手ですが、一度親しくなった相手にはべったりする傾向があります。また、布団や枕などなにかにぎゅっと抱きついて寝る人も胎児型のうちのひとつ。この寝相は甘えたいのに甘えられない愛情不足や、理想が実現しないことに欲求不満を感じていることを表します。

4.半胎児型……穏やか

横を向いて膝だけ少し曲げる(利き腕を下にして寝ている)半胎児型は、バランス感覚に優れた平和的な性格の人物。協調性があり常識的で、社会に適合しやすいタイプです。精神的に安定しており、穏やかな雰囲気で周りにいる人に安心感を与えます。初対面でも好印象を持たれることが多いです。ただし、その人の良さゆえ相手に合わせすぎてしまうなど、優柔不断さで悩むこともあります。

5.丸太型……社交的

横向きで手も足も背中も下に伸ばして寝る丸太型には、社交的で人付き合いの上手い人気者が多いです。だからといって目立ち好きというわけでもなく、大勢でわいわいする方が好きなムードーメーカーといえます。純粋かつ楽天家なため、見知らぬ人もすぐに信用しますが、そのぶん騙されやすい傾向にもあります。

6.うつ伏せ型……神経質

ベットを独占するようにうつぶせになって眠る人は、一見外交的で表面上あっけらかんとしてみえても、実は小さなことでも敏感に反応してしまう「神経質タイプ」です。予期せぬハプニングを好まず、何事も自分の管理下にないと落ち着きません。しかし、人間関係を重視したり、周囲に気を配れるなどの几帳面さも持ち合わせています。リーダー気質でもあるため、このタイプは仕事において成功する人が多い傾向にあります。

7.冬ごもり型……慎重派

全身すっぽりと布団にくるまり簀巻のような状態になる冬ごもり型は「慎重派」。このタイプは深い洞察力を持ち、物事を多角的に捉えられる高い思考能力を持っています。一方で些細な事で悩みすぎてしまうという面もあり、ストレスを感じやすい繊細なタイプでもあります。

8.囚人型……不安

なにかに囚われたように手首や足首をクロスしている眠る囚人型は、強い不満や不安を表していて、悩みごとがある人に多い寝相です。仕事や人間関係などなにか問題があって精神的に追い詰められているのかもしれません。またこのタイプは完璧主義な部分があり、ストレスをためやすい傾向にあります。

おわりに

いかがでしたか?
相というと手相、人相など人間が生まれつき持った相で占う相術が代表的ですが、「寝相」は占いができない人でも簡単に診断することができます。あなたも自分や気になる人の寝相をチェックしてみてくださいね!