宝石の輝きがあなたの力に☆2月生まれの誕生石

あなたは自分の誕生石を知っていますか?

綺麗なアクセサリーとしてだけでなく、神秘的な力をもつお守りとして身に着けていられるのがパワーストーンの大きな魅力!
自分で身に着けても、大切な人へのプレゼントとしても素敵ですね。

今回は【2月】の誕生石が持つ効果をご紹介しましょう!

アメジスト

神秘的な輝きによって聖職者のシンボルとも言われるアメジスト。名称は「アメシスト」と濁らない発音が正式で、「紫水晶」という和名が示す通り水晶(クォーツ)の一種です。

日本を含め世界各地で産出される為、数多くの国で誕生石や記念石に指定されています。

石言葉は「誠実・心の平和・真実・恋人を呼ぶ」など。知性と平穏、恋愛のお守りにもなる万能パワーストーンです。

語源と伝承

語源はギリシャ語で「酒に酔わない」を意味するアメテュストス。身を守る為に女神によって石に変えられた乙女の名前でもあります。

アメジストの紫は酒神バッカスが石となった乙女にワインをかけた際についた色とされ、古代ギリシャやローマでは「アメジストの器で酒を飲めば悪酔いしない」と信じられていました。

こうした言い伝えから発展し、アメジストは酒酔い防止に留まらず「恋の悪酔い」から身を守り、理想的な恋人を引き寄せてくれる「愛の守護石」ともされています。

効果

澄んだ輝きは持ち主の心を安定させ、大切な人を深く理解する知性を与えてくれます。恋愛で視野が狭くなってしまった時、気持ちのバランスが上手く取れない時には積極的に身に着けるとよいでしょう。

また、紫の宝石は霊的な格が高く魔除けとしての効果が大きいとされています。アメジストもその例外ではなく、仏教では数珠の素材として、キリスト教では司祭の指輪として、聖職者とは切っても切れない繋がり持つ石です。

キリスト教では、聖マタイを象徴する宝石として「信仰心、情熱、献身」などのシンボルにもなっており、身に着ける人の霊感を育て、感情をコントロールする力や的確な判断力を授けてくれるとされています。

おわりに

いかがでしたか?
2月の誕生石は恋に夢中になりたい時にも冷静になりたい時にも効果的。お酒の席で出会いを探すには最強の相棒かもしれませんね。

パワーストーンは石の持つ効果や意味はもちろん、あなたが気に入るかどうかのフィーリングが最も大切。色や形、手触りなども参考にして一番のお気に入りを見つけてくださいね。