初詣のマナーは大丈夫?神社とお寺初詣の作法

一夜明ければ新年。みなさんは初詣の予定は決まっていますか?
毎年たくさんの人で賑わう初詣。家族や恋人と何となく神社やお寺に行くことになってるけど、意外とちゃんとした作法を知らないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は初詣について、お参りの時期や神社と寺院それぞれの参拝マナーの違いなどをまとめてみました。
初詣に供えて、ぜひ覚えてくださいね!

初詣は神社?お寺?どこに行くべき?

神社・寺院の違いは「神様」を祀っているか、「仏様」を祀っているかです。

初詣は暮らしている土地の守り神や菩提寺(先祖代々のお墓があるお寺)への新年の挨拶ですから、どちらへ行ってもかまわないません。

新年は気分も明るく有名な神社や寺院に遠出したくなるものですが、初詣では前年の感謝を捧げたり、新たな年の無事と平安をお願いするわけですから、まずは地元の神社やお寺を訪れましょう。

初詣には回数の決まりはありませんので、そのあとに大きなお宮などを訪れてもまったく問題ありませんよ。

初詣のタイミングは?

大晦日のカウントダウン新年をむかえてすぐという人もいれば、初日の出を迎える頃、一度寝て元旦のお昼頃に向かうという人もいたり、初詣のタイミングは人さまざまです。

一般的には正月の三が日までに参拝が初詣と捉えられていますが、それを逃しても歳神様がいらっしゃるという「松の内」(一般的に関東では7日、関西では15日)までの間に行けば良いともいわれています。

年始は忙しい!という方もこの日までには訪れるとよいでしょう。

神社と寺院、それぞれの参拝方法
神社の場合

鳥居をくぐる前に衣服を整え、一揖(浅いお辞儀)してから参道に入ります。
参道に入るときは、神様が通るとされている中央を避け端を歩いて通ります。
手水舎で手と口を洗い、心身を清めます。
拝殿に入ったら、軽く会釈をしてお賽銭を入れます。鈴を鳴らし「二礼二拍手一礼」をしたら、最後に軽く会釈をして退きます。

ポイント※二礼二拍手一礼は「二拝二拍手一拝」ともいい、90度のお辞儀を二回→拍手を二回→再び深い辞儀を一回行います。願い事は最後のお辞儀の間に手短に念じます。ただし例外として、出雲大社や伊勢神宮など一部の神社は、「一拝祈念二拝四拍手一拝」「ニ拝ニ拍手一拝」など特殊な参拝法を行っているところもあります。

寺院の場合

山門前では、合唱と一揖をしてからくぐります。女性の場合は右足から、男性の場合は左足から、敷居は踏まずにまたぐようにします。
神社と異なり、寺院の参道は真ん中を歩いても大丈夫です。むしろ参道を歩かずに敷石の上を歩くのはマナー違反とされていますので気をつけましょう。
手水舎で手と口を洗い、心身を清めます。
灯明や線香があれば献灯や献香をします。
本堂に入ったら、軽く会釈をしてお賽銭を納めます。胸の前で「合掌と一礼」をしたら、最後に軽く会釈をして退きます。

ポイント※この際、数珠を持っている人は手にかけます。神社と異なり拍手はしません。注意してくださいね。

手水舎での作法

お参りは神聖な儀式。神社やお寺の境内には必ず「手水舎(ちょうずや)」という手と口を清める場所がありますので、お参りの前には必ずここで心身を清めましょう。

【手水舎での正しい手順】
1 右手で柄杓を持って水をすくい、左手を洗う
2 柄杓を左手に持ち替え、右手を洗う
3 再び柄杓を右手で持ち替え、左手をお椀状にして水を溜め、その水で口を洗う
4 もう一度左手を洗う
5 柄杓を手前に傾けるようにして、持ち手の柄の部分を水できれいに流す
6 柄杓を元の場所に伏せて戻す

手水舎の作法は、神社・寺院も共通です。初詣の前にきちんと一連の流れを覚えておきましょうね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
明日初詣予定の方も、取り急ぎこの知識だけ頭に入れておけば家族や恋人の前で慌てずすみます。マナーと作法を守って楽しいお正月をお過ごしくださいね。