宝石の輝きがあなたの力に☆12月生まれの誕生石

あなたは自分の誕生石を知っていますか?

綺麗なアクセサリーとしてだけでなく、神秘的な力をもつお守りとして身に着けていられるのがパワーストーンの大きな魅力!
自分で身に着けても、大切な人へのプレゼントとしても素敵ですね。

今回は【12月】の誕生石と、それぞれの石が持つ効果をご紹介しましょう!

ターコイズ

鮮やかな水色が特徴的なトルコ石。トルコでは産出されないのですが、13世紀にヨーロッパへ持ち込まれた際、ほとんどがトルコ経由で輸入されたことからこの名が付きました。

人類にとって最古の輝石と言える石で、エジプトやアステカなど古代の遺跡からも出土しています。

持ち主を事故から守る、邪悪を避け成功を呼ぶなど護符として古くから用いられ、石言葉も「成功」「必中」「繁栄」とその性質に基づいたものが多いです。

ターコイズのパワーはとても純粋で、まっすぐに持ち主を守ります。新しいことを始める時、旅やビジネスのお守りとして尽くしてくれるでしょう。

「愛を込めて贈ると持ち主の願いを叶える」という伝説がありますので、大切な人への贈り物にオススメです。

タンザナイト

夜空のように神秘的な青を湛える石、タンザナイト。正式名称はブルーゾイサイトですが、アメリカのティファニー社が命名したこちらの名前の方が通りが良いようです。

タンザニアのメレラニ鉱山で初めて青いゾイサイトが見つかったことでこの名が付きました。

宝石として注目されてからまだ50年程ですが、年々採掘量が減っている為、年を経るにつれて貴重さが高まっていく石です。
石言葉は「思いが伝わる」恋愛は勿論、こじれた人間関係を自然と和ませてくれる力があります。

紫がかった青は見る角度によって色合いが変化し、持ち主の感性を磨きます。
判断力を育て自然と物事の流れを察知できるようになるので、優柔不断なところがある人には大きな成長を感じさせてくれるでしょう。

ラピスラズリ

水晶に並ぶ霊的なパワーの高い石として人気のラピスラズリ。日本以外では9月の誕生石ともされています。
ペルシア語で空の青色を意味する「ラズワルド」を語源としており、宇宙や天への結びつきが非常に強い石です。

その深い青は古今東西様々な国の王族に愛され、時代によっては金より高値で取引されていたことも。ツタンカーメンのマスクや棺を彩っていることでも有名です。

東洋では仏教の七宝のひとつとして数えられ、日本にも奈良時代には渡来していました。
石言葉は「幸運」と「真実」。持つ人の第六感や集中力を高め、宇宙の真理や幸運へ繋がることが出来るとされています。

運気が落ちている時、恐れや迷いを捨てたい時のお守りとして心強い存在です。

おわりに

いかがでしたか?

12月の誕生石はどれもお守りとして効果的!力を入れたい方向性によって使い分けたいところですね。

パワーストーンは石の持つ効果や意味はもちろん、あなたが気に入るかどうかのフィーリングが最も大切。

色や形、手触りなども参考にして一番のお気に入りを見つけてくださいね。