あなたは知ってる?ハロウィンの起源と仮装の由来

10月31日はハロウィン。近年、日本でも秋の一大イベントとして急速な盛り上がりをみせていますね。
子供も大人も仮装して、街に出たり、パーティーを開いたり、パレードなどハロウィンに関連した企画やイベントを開く企業も増えてきています。

そんなハロウィンですが、本来はどんな日だったのかご存知ですか?
今回は、ハロウィンの起源と仮装する由来などについて調べてみました。

ハロウィンってそもそもなに?

ハロウィンの原型となっているのは、古代ケルトを発祥とするお祭りです。

古代ケルトでは、夏の終わりでありそして冬の始まりの日でもあった10月31日の日没から11月1日にかけて、祭司主導のもとかがり火を焚き、作物や動物を捧げる秋の収穫祭(サウィン)を行っていました。

そして、年をまたぐこの10月31日の夜は、あの世とこの世の境目がなくなる日であり、「死者の霊が家族のもとに帰ってくる」と信じられていました。(日本の大晦日とお盆を合わせたような日ですね)

しかし、なかには作物を荒らしたり子供をさらったりする悪い霊や魔物も現れるため、人々は魔除けの面をつけたり、かがり火の燃えさしを家へと持って帰ってかまどの火を新しくし、そうした悪い存在を近づけさせないようにしていました。

その後、こうした文化が古代ローマへ、そしてカトリックへと伝来し融合していくにつれ、宗教的な意味合いが薄れて、現在のような民間行事のハロウィンになっていったとされます。

ハロウィンの語源

ハロウィンの語源には諸説ありますが、先述した古代ケルトの文化がカトリックと融合していくとともに、11月1日のカトリックの「諸聖人の日」旧称・万聖節(All hallows)の、前夜(eve)に行われることから、All hallows evenがなまってHalloweenと呼ばれるようになったという説が有力です。

そのためハロウィン=キリスト教の定めたお祭りだと勘違されがちですが、カトリックの10月31日は祭日ではありませんし、プロテスタントにおいてもハロウィンは教会の行事になっていません。

一般的には大衆行事として受け止められ、信仰生活に悪影響がない程度に楽しむよう推奨されているようですね。

ハロウィンの仮装は魔除けだった!

10月31日にはたくさんの霊がこの世にやってきます。家族のもとに返る幽霊以外にも、悪霊や魔物といった悪しき存在もうろつき、子どもに取り憑いてあの世に連れて行こうとします。

そのため古代ケルトの人々は、仮面を被ったり、お化けの格好をして彼らの仲間のふりをしました。現在の仮装は、もともとは魔除けの意味をこめた風習だったのです。

また、知らない方も多いと思いますが、ハロウィンの季節になると目にするカボチャのランタン「ジャック・オー・ランタン」も、魔除けのアイテムです。

中身をくり抜き不気味な見た目でありながら、じつは良い霊を引き寄せ悪霊を追い払う効果があるとされているんですよ。

「Trick or Treat」の由来とルール

ハロウィンの日には、仮装した子供たちが近所を周り、「Trick or Treat(いたずらか、ごちそうか)」…意訳で、ごちそうをくれなきゃいたずらするぞ!と唱えてお菓子をもらう習慣があります。

これは古代ケルトの死者の日(万霊節)に仮面をかぶった子供たちが歌いながら死者の魂を供養するためのケーキを乞い家々を回ったソウリング(Souling)という習慣が由来と言われています。

ハロウィンの日のアメリカのたいていの家ではあらかじめお菓子を大量に用意して待ち、この言葉に対して「Happy halloween」または「Treat」と答えてお菓子をあげるのが一般的なよう。

一方、日本はアメリカほど形式ばっておらず、ハロウィンお決まりの言葉として「Trick or Treat」や「Happy Halloween」と言いながら、お菓子や飲み物を囲んで盛り上がったりするようです。

おわりに

いかがでしたか?
ここ数年では子供だけでなく若者から大人たちまでがハロウィンに夢中。
意外と知らないハロウィンの物語を知って、今年も楽しいハロウィンを満喫してくださいね☆