自分の運気を高めたい!日本のパワースポットを巡ろう!【北海道×総合運編】

「最近ついてないな…」「今年こそは良縁をゲットしたい!」「なかなか貯金がたまらない」なんて思っている方いらっしゃいませんか?

日本全国には、運気や恋愛運、金運にご利益があると言われるパワースポットが点在しています。
そこで、神秘的な場所や雄大な自然を感じられる【北海道】で、前回の恋愛編に引き続き、運気上昇や金運、健康運などにご利益のあるパワースポットをご紹介します。

「今の自分を変えたい!」そんな方は必見です。

1.北海道神宮の開拓神社

1869年(明治2年)に建立された北海道神宮は、道内でも有名なパワースポットとされており、開拓三神「大国魂神(おおくにたまのかみ)」「大那牟遅神(おおなむらのかみ)」「少彦名神(すくなひこのかみ)」と「明治天皇」が祀られています。

風水では、藻岩山と手稲山のそれぞれのルートからエネルギーが合流する珍しい場所にあるため、最強パワースポットの一つとして知られているようです。

特に、開拓神社でオススメしたいのは第三鳥居。風水で言う「預」という預金が増える方位にあるので、この鳥居から本殿に向かうことで金運のご利益を得られます。

また、第二鳥居は「離縁の鳥居」とも言われているそうですから、恋愛運の上昇や縁結びを希望される方は、第二鳥居以外から入りましょう。

2.霊木・千本ナラ

「森の巨人たち100選」にも選ばれた樹齢820年のナラの木。幹から千本の枝が伸びている姿から「千本ナラ」と呼ばれています。

樹皮に触れると病気が治る、しめ縄に願い事を書いたしゃもじを供えると願い事が叶うと、崇められている霊木です。

3本ある巨木のうち、左側の木は「健康・交通安全・未来」、中央の木は「良縁・子宝」、右側の木は「金運・商売繁盛」のエネルギーが出ているそうですので、それぞれ希望するパワーが出ている木に、願い事を込めてしゃもじを供えましょう。

3.然別(しかりべつ)湖の弁天島

北海道のほぼ中央に位置する然別湖(しかりべつこ)は、道内では最も高い標高810mにあります。

かつて、アイヌの人たちに「踏み入れてはならない」と言われていた聖地であるため、湖畔周辺は神秘的な空気が漂う場所です。

湖中に浮かぶ「弁天島」は、縁結びで知られる弁天様を祀る祠があり、恋愛成就や人としての魅力を高めたり、金運上昇の効果もあるそうです。

弁天島に上陸できるのは、年に1回「弁財天祭」の時だけですが、普段は遊覧船の上から神聖な気持ちで拝みましょう。

4.阿寒湖のヤイタイ島

阿寒湖は、周囲の山が湖を囲んでエネルギーを貯める「山環水抱(さんかんすいほう)」という吉相の地にあり、旭岳と知床から両方の気が集まるパワースポットです。

その湖中に浮かぶ「ヤイタイ島」には、「白龍神王(はくりゅうしんのう)」を祀る祠があります。
蛇の化身である龍神は金運を呼び込み、白色は風水の五行で「金」を表すため、白龍は金運上昇にご利益があると言われています。

阿寒湖には4つの島があり、遊覧船で近場まで回れますから、船の上から拝んでみてはいかがでしょうか。

5.忍路・西崎山のストーンサークル

小樽市から余市町までの道沿いに、ストーンサークル(環状列石)と呼ばれる不思議な場所があります。

イギリスのストーンヘンジが有名ですが、小樽市の忍路環状列石、余市町の西崎山環状列石が、道内でも大きなストーンサークルとされています。

古代のお墓なのか、神々に祈りを捧げた場所なのか、未だ謎に包まれたままだそうですが、神秘的なパワーが集中している場所には間違いなさそうです。

おわりに

いかがでしたか?

水、火、地とさまざまな自然エネルギーに満ちた北海道は、運気上昇を見込めるパワースポットがあふれています。
またパワースポットは運気だけでなく、訪れた人の心を開放しリフレッシュさせてくれる場所でもあります。

観光ついでにいくつかのスポットを巡てみてもよいですし、時間がある方はゆっくりそのパワーを体感してみてください。

(Foxy編集部)