タロット占いを受ける際の注意点

タロット占いは恋愛、仕事、人間関係など様々な悩み事に対応できる占いです。
特に恋の悩みでは、好きな人の気持ちや、未来の関係の行方を占えたりと大活躍ですが、満足の行く鑑定を受けるためには気をつけておきたい注意点があります。

今回はタロット占い初心者のために、アドバイスも含めてご紹介しましょう。

1.質問内容はできるだけ具体的に!

タロット占いは、基本的には何でも占うことができますが、質問内容は具体的にした方がよりはっきりした占い結果を聞くことができ、今後に生かすことができます。

例えば、今後の恋愛について占ってほしいとき、「今後いい人に出会えますか?」なんて漠然とした聞き方はNG。
この場合は、「1ヶ月以内にいい出会いはありますか?」「あるとしたらどんな場所ですか?」などと、範囲を狭めて尋ねた方が明確に占い診断ができます。

タロットカードは複数の意味を持っていますから、テーマが広すぎたり質問があやふやだと、現れたカードに宿る深い意味を捉えづらくなってしまうのです。

質問に対するメッセージを正しく読み解いてほしいときには、テーマを狭め、具体的に質問することを意識しましょう!

2.同じ内容を繰り返し占わない!

タロット占いを含め「卜術(ぼくじゅつ)」と呼ばれる占術は、そのとき一度限りの「偶然性」を利用した占いです。

そのため一度占ったことを短期間のうちに繰り返し占うと、何度も同じ結果が出たり、逆に真実と大きくかけ離れた結果が現れてしまうことがあります。

たとえ占いの結果が悪かったり、納得できないものだったとしても、基本的には結果が現れるとされる1~3ヶ月が経過するか、状況に変化があったという実感があるまでは占い直さないようにしましょう。

3.結果に納得がいかないときの2つの対処法

短期間のうちに同じ内容で占い直すのはダメと知っているけど、どうしても我慢できない……そんなときはどうすればいいのでしょうか?

①全く同じ内容ではなく視点を変えて再度質問する
たとえば、気になるお相手との関係について占ってもらい悪い結果が出てしまったとします。
そんなときは「彼との関係をよくするためにはどうしたらいいですか?」などと視点を変えて、悪い結果を回避するための手段を尋ねてみましょう。

②別の占い師を選択する
タロット占いでは相談者の質問内容に合わせて占い師がカードの意味を読み解いていきますが、これは占い師の力量にかかっているので、同じ質問でも占い師によって解釈が大きく異なることがあります。

タロット占いの流派によっては別の占い師になら同一の内容で占い直してOKという場合もありますので、もしどうしても占い直したいという場合には別の占い師を選択するのも手です。
ただし! 色々な占い師を渡り歩いたあげく、真実がわからなくなってしまうということがないように注意しましょう。

おわりに

いかがでしたか?
どんな占いを受ける上でも忘れないでいただきたいのは、占いは当たりものではなくあくまで「問題を解決するためのきっかけ」、「人生を良い方向へ導くためのアドバイス」だということ。占いの結果に自分の人生を左右されるのではなく、占いの結果をもとに行動して、人生を切り開いていくことが大切です。

タロット占いもそのとき出た結果がすべてだと思わずに、行動の指針のひとつとして捉えましょう。