気持ちがあるのは私だけ?彼が連絡をくれない3つの理由

今の恋愛でLINEは欠かせないツール。
スタンプや写真を入れたやりとりはお互いのことを知りやすく、会話を重ねるたびに仲良くなれますよね。
でも気軽に連絡が取れる反面「彼から連絡が来ない!」と悩む女性も多いんです。
いつも会話のスタートは自分ばかり。ホントに彼は私に関心があるの…?と悩むあなたに、男性あるあるな連絡事情をお伝えします。

1.女性側からの連絡がマメ

毎日のようにLINEや電話をするのが習慣化していませんか?

自分から連絡しなくても連絡がくるとわかっていれば、自主的に連絡しようという気はなかなか起きないものです。

彼からの行動を期待したいなら、一旦全ての連絡を止めてみてはいかがでしょうか。
彼が「いつもの連絡がない、どうしたんだろう?」「何かあったのかな?」と思ってくれれば狙い通り。

こちらから頻繁に連絡せず、相手の動く時間を与えてみるのは効果的な方法です。

2.用事がないと連絡してこないタイプ

もともとメールやLINEの連絡は男性と女性でとらえ方が異なり、女性は「会話」をしている感覚でやりとりしますが、男性は「手紙」を書く感覚に近い使い方をするそうです。

女性はテンポよくやりとりを続けることに楽しみを見出しますが、男性はメインの話題が済んだら連絡もおしまい、となりやすいのだとか。

明確な目的なく話をする習慣がない人は、たとえ好意を持つ相手でも連絡頻度は控えめです。
こちらからの連絡に返事があるなら嫌われてはいないので、彼はそういうタイプだから、と割り切って考えましょう。

3.連絡が遅れたことに文句を言う

彼の返事がないからと連続でLINEを送ったり、問い詰めるような言葉を送ったりしていませんか?

間が空くには彼なりの理由があります。どうして?と聞きたくなるのは当然ですが責めるように聞いてしまうのは絶対にNG!

遅れたことに罪悪感を抱いている彼なら、あなたとの連絡自体を億劫に感じてますます疎遠になってしまいます。

返事が遅いと不満を見せるよりも、連絡をくれたことを思い切り喜んであげましょう。

おわりに

彼の気持ちがわからないのはどうしても不安になってしまいますよね。

実は私に興味がないんじゃ…と思うより、彼の行動パターンや楽な連絡頻度を見つめなおしてみるのがオススメです!

まずは彼から動く隙を作れるように、あなたの連絡パターンを変えてみましょう。