気づかないうちにしているかも!?彼から連絡がない3つの理由

好きな人とのやりとりは何より楽しいもの。
はっきりした用事がなくても声がききたい、自分に意識を向けていて欲しい…なんてしょっちゅうLINEやメールで連絡をしてしまう人も多いと思います。

相手からの返事がいつも遅くてモヤモヤする日はありませんか?
連絡のスタートはいつも自分ばかり、勇気を出して連絡したのにスルーされるなど、相手の反応ひとつにやきもきしてしまうのは両想い・片想いを問わず永遠の悩みだと思います。

彼が自然と返事をしてくれるように、自分では気づいていないかもしれない「連絡を取りにくくしている理由」3つを確認してみましょう。

1.自分の話ばかりしている

気持ちのやりとりは仲を深めていくのにとても大切。自分がどう思ったか分かって欲しいのは当然ですよね。

今日こんなことがあって~と連絡をするのはいいですが、日記のように細かい状況説明をしたり、長々と感情を吐き出したりしていませんか?

片想いの場合は早く仲良くなりたくて自分の話をしてしまいがちですが、返って相手が警戒してしまう原因にもなります。

自分の関わらない話を聞くのは案外気力がいるもの。相手のノリが悪いと感じたら、興味がありそうな話題に切り替えてあげましょう。

2.相手がどう思うか考えていない

会話が続くことが嬉しくて、ついテンションの高いメッセージを送ってしまうことありますよね。

楽しく話していたはずなのに急に返事が来なくなった…という時は、相手がやり取りの中で温度差を感じて引いてしまったパターンが多いです。

まだ知り合って日が浅い相手のプライベートに踏み込んだり、相手が仕事や家事で忙しい時間帯に連絡しようとしていないでしょうか?

親しい間柄でも「この人距離感が近すぎるなぁ」と感じた相手は付き合いが億劫になってくるので、適度な距離感と客観的な行動をとれるように心がけましょう。

3.立て続けに連絡をしている

毎回数分で反応があるような状態だと「この人はずっと返事を待ってるんだろうか」と相手を不安にさせてしまいます。

待ってることさえダメなの?!と思う人もいそうですが、「自分が誰かを待たせている」という状況は真面目な人ほどストレスになります。

「早く返事をしないといけない」というプレッシャーから、早く連絡が終わるそっけない内容や返信自体をしないという結果に陥りやすくなるのです。

言葉のキャッチボールにはそれぞれのペースがありますが、早く返すのが当然というムードを作らないようにしてあげましょう。
返信を待たずに追加メッセージを送ってしまうのは論外です。

おわりに

いかがでしたか?

人はストレスを感じない空気に惹かれてくるもの。いつでも楽しく話せる雰囲気を作ることで自然と彼の意識もこちらを向きやすくなります。

3つのポイントに気を付けながら、皆さんも好きな人とのやりとりを楽しんでくださいね!