審判のカードの意味

審判(Judgement)は、再生、復縁、復活を象徴します。過去の関係や状況が再び訪れることや、過去の状況を取り戻したいという願望、後戻りしない最終的な決断を表しています。
人生においてとても大きな変化や決断を示し、正位置か逆位置かで、将来への明るい可能性や希望の有無が変わってくるカードです。

正位置では、将来への約束や明るい可能性が確立し、過去を清算するような前向きな状況になることを意味します。過去の恋愛で受けた心の傷が癒されることで、気持ちを新たに前向きになれます。
逆位置では、復活や復縁の望みが絶たれて、否定的な結果と精神状況になってしまうことを意味します。

恋愛におけるカードの意味
正位置で出た場合

過去の気持ちや状況を復活させ、もう一度初心に返ってやり直すきっかけがやってきます。
別れてしまった相手と復縁したり、ケンカ中のカップルも愛情が復活して元の穏やかな関係に戻れるでしょう。
また、片思いで諦めていた相手や失恋した相手への気持ちが戻り、相手もあなたの魅力に気付くことで恋愛関係に発展するなど、これまでの努力が報われるチャンスが訪れそうです。
いずれも過去の恋愛で受けた心の傷が癒され、気持ちを新たに前向きになることができるでしょう。
しかし、こうしたきっかけやチャンスを掴むためには、過去を受け入れることを恐れず、これまでの関係において何が悪かったのかを認識する必要があります。ためらう人もいるでしょうが、そこにこそ最終的な決断をするための改善策が隠れています。
さらに、過去を振り返って清算することで恋愛に対する活力が戻り、新たな出会いも期待できそうです。

逆位置で出た場合

過去の気持ちや状況が復活する望みが絶たれたり、思い出にすがりついて前に進めないでいる状況を示します。恋愛のチャンスに恵まれず、片想いが通じなかったり、復縁の可能性が消えて辛い思いをするでしょう。
恋人関係や婚姻関係にあってもケンカの末に辛い破局をむかえたり、相手の浮気に気が付く可能性があります。一生懸命尽くしても気持ちが通じない状況や別れはあなたを大きく傷つけて、さらに相手への執着心を強めてしまうでしょう。
しかし、そうした気持ちのまま相手を追いかけても、曖昧な関係や身体だけの関係になるだけで、元の状態には戻れません。また、今あるチャンスやタイミングも逃してしまいます。いまは辛く悲しくても、去っていく人は追わない方が最善です。相手への執着を捨てることで前へ進め、新たな幸せを掴めるはずです。

キーワード
正位置

再生、復元、復活、復縁、再婚、再開、再会、改善、発展、結果、覚醒、仲直り、奇跡、解放、転職、異動、最終的な決断、再度のチャンス、状況がよい方へ向く、引っ越しによって困難を抜け出す

逆位置

離婚、執着、挫折、停滞、悔恨、離別、沈滞、固執、未練、粘着気質、悲観的、修復不可能、悲しい別れ、行き詰まり、悪い報せ、再起不能、行き詰まり、バッドニュース、過去にこだわり過ぎる

まとめ

新約聖書「最後の審判」をモチーフにしたこのカードは、世界の終わりにイエス・キリスト(天使は化身)があらゆる死者を蘇らせて裁きを行い、神の楽園に入れる者と地獄に墜ちる者とに分ける様子が描かれています。人間は誰しもときにつらい経験や死んだような日々を経験し、もう終わりだと思うような状況に陥るものですが、そこで本当に死んだように過ごすのではなく、信念と自信を持って生きていれば、楽園への入り口へ導かれ、新たに生まれ変われることを【審判】は示しています。

関連記事

大アルカナ『21.世界』のカードの意味って?

大アルカナ『19.太陽』のカードの意味って?

大アルカナ『18.月』のカードの意味って?

大アルカナ『17.星』のカードの意味って?

大アルカナ『16.塔』のカードの意味って?

大アルカナ『15.悪魔』のカードの意味って?