星のカードの意味

星(The Star)は、希望、期待、可能性、明るい将来性を意味します。
これからの状況に変化が起こり、チャンスがやってくることを期待させてくれる良いカードになります。

正位置では、状況に変化が起き、将来への明るい期待や、夢や希望が実現できる可能性を表しています。
逆位置では、良い状況にいるものの、自信のなさや考え過ぎが原因で、将来に対して不安や恐れを抱いている心を表しています。 

恋愛におけるカードの意味
正位置で出た場合

現在の状況がどうであれ、変化が起きて、明るい未来が約束される暗示です。
片想いの人は相手へ思いが通じるかもしれませんし、カップルの人は結婚の話が進むなど恋愛に関する望みを叶えられそうです。現在パートナーがいない人も、理想通りの相手と出会えるかもしれません。
将来に大きな希望が見えているとても良い時期なので、今自分が良い方向に進んでいると感じたら、そのまま積極的に行動していきましょう。
心に生まれる明るい未来への期待を信じることで、やってくるチャンスやきっかけをしっかりと掴んで、満足できる結果と成功を手にできるでしょう。

逆位置で出た場合

相手との未来に期待が持てないでいる消極的な様子を示します。
実際は良い状況であるにもかかわらず、自分に自信が持てなかったり、考えすぎが原因で不安が生まれ、悲観的な気持ちになっているようです。
好きな相手や恋人の気持ちがわからないといった不安が思い込みを生み出し、ろくに相手の気持ちを確かめることもせずに発展中の恋を自己完結させてしまうこともあるでしょう。
また、理想が高すぎるあまり良い相手が見つからず、恋愛に対して悲観的になっている様子なども示します。
こうした悪循環を脱出するためには、考えすぎるのをやめて、相手を好きだという気持ちに素直に従うべきだとカードは告げています。自分を過小評価せず、相手から好意を向けられたら素直に受け取りましょう。悲観的な考えを捨て、自信を持って行動することでチャンスは見えてきます。

キーワード
正位置

期待、希望、理想、奇跡、安心、満足、将来、予感、未来、成功、可能性、理想の相手、明るい兆し、将来への期待、願いが叶う、インスピレーション

逆位置

不安、失望、絶望、憂鬱、過信、盲信、消極的、悲観的、自信喪失、無気力、考えすぎ、夢が壊れる、自己完結、自意識過剰、高望み

まとめ

【星】は、大きな星と小さな星の下で大地と湖に水を注ぐ裸の女性が描かれたカードです。星は夢や希望を表し、小さな夢や希望が集まってやがて大きなものとなることや、小さな夢や希望をひとつでも達成できれば、そこからたくさんの可能性が生まれ、やがて大成できることを意味しています。また、女性の注ぐ水やそれによって生まれた湖は「生ける水」といい、生命力を象徴し、いきいきと夢へ進んでいけることを伝えています。

関連記事

大アルカナ『21.世界』のカードの意味って?

大アルカナ『20.審判』のカードの意味って?

大アルカナ『19.太陽』のカードの意味って?

大アルカナ『18.月』のカードの意味って?

大アルカナ『16.塔』のカードの意味って?

大アルカナ『15.悪魔』のカードの意味って?