正義のカードの意味

正義(Justice)は、安定、均衡、世間体、正しい判断などを象徴します。バランスの取れた良い状況や心理状態のほか、誰にでも公平で正義感あふれる様子を表します。裁判の女神(さいばんのめがみ)とも呼ばれているカードです。

正位置では、問題を解決して状況を安定させ、落ち着いて満足のいく環境が得られることを示します。
逆位置では、問題が解決できず不安定な状況が続いてしまうことや、それまでは有利だったはずの状況が失われようとしていることを示しています。モラルに欠けた行動や言動による失敗も表します。

マルセイユ版などの伝統的なデッキでは8番に位置します。

恋愛におけるカードの意味
正位置で出た場合

家柄や学歴など、相手との釣り合いを重要視する恋愛傾向にあります。お互いに一時の感情に流されることなく冷静に判断できるため、一度恋愛に発展すれば関係は長続きするでしょう。
好きな人や恋人がいる場合、相手との関係は安定しており、相思相愛になれる可能性が非常に高いです。
ただ、このカードは正しい判断を示すカードのため、ときには相手と決別することが正しい道であると示す場合もあります。たとえば相手との関係に問題があった人は、きっぱり別れを決意したり、浮気や不倫など後ろめたい気持ちを感じながら恋愛をしていた人は、関係に終止符をうつことになるかもしれません。
しかし、そうした判断によってあなたは落ち着きと安定を保てるようになるでしょう。
このカードが正位置で出た場合は問題の改善に務めることが大事になります。

逆位置で出た場合

これまで築いてきた人間関係や恋愛が終わってしまう暗示です。
恋人同士でも、恋愛の価値観が一致していない状態にあり、関係に歪みが生じています。お互いに自分が正しく相手が間違っていると思っているため、歩みよる気持ちを持たなければ長くは続かないでしょう。
片思いの人は告白して失恋してしまう恐れがあります。また、こうした別れや失恋からはなかなか立ち直ることが出来ず、不安定な状態に置かれてしまうでしょう。
しかし、嘆いていても状況は好転していきません。このような経験もいつか受け止められるようになると信じ、平常心を保とうと意識することが大事です。

キーワード
正位置

公正、公平、安定、均衡、両立、正義、善行、誠意、善意、名誉、地位、安住、正当な判断、冷静な状態
バランスがとれている、礼儀正しい、法律関係

逆位置

不正、不公平、不安定、不均衡、偏向、一方通行、片思い、失恋、別離、別れ、離婚、悪徳、モラルに欠ける、三角関係、アンバランス、バランスが崩れる、訴訟問題

まとめ

【正義】は主に「正しさとバランス」を意味します。カードに描かれた女神は右手で悪を断罪する剣を掲げ、もう片方の手には平等に物事を測る天秤を持っています。この女神はあらゆる事象を公平な目で見つめ、いずれか一方に偏らないジャッジを下してくれるのです。

関連記事

大アルカナ『21.世界』のカードの意味って?

大アルカナ『20.審判』のカードの意味って?

大アルカナ『19.太陽』のカードの意味って?

大アルカナ『18.月』のカードの意味って?

大アルカナ『17.星』のカードの意味って?

大アルカナ『16.塔』のカードの意味って?