タロット占いでは「タロットカード」という不思議なイラストの描かれたカードを使用しますが、その種類や、枚数、構成についてはご存知でしょうか?
今回はタロット占いを受ける上で知っておいてほしいタロットカードの基本知識をお教えしましょう。

タロットカードの基本構成

タロットカードは、大アルカナ(22枚)と小アルカナ(56枚)を合わせた78枚が一般的で、このワンセットをデッキといいます。

現在タロット占いで使用されている主流のタロットカードは大きく分けて「ライダー・ウェイト・タロット(ウェイト版)」系と「マルセイユ・タロット(マルセイユ版)」系の2種類に分類されます。

カードの絵柄や名前、配列には多少の違いがあり、初心者には意味の覚えやすい「ウェイト版」が人気のようです。

※今回の記事ではウェイト版の呼称が変わる場合、ウェイト版を前述、マルセイユ版を後述で表記しています。

大アルカナ(だいあるかな)

大アルカナとは、0(または番号なし)~21までの番号の割り振られたカードから成る22枚です。
そのすべてに寓意絵とタイトルが描かれており「悪魔」や「死神」なんてカードが有名ですね。

主に人生に大きく影響する出来事や関係する人を表しており、22枚全てで「人間が生まれてから死ぬまでの一生の道筋」を表しているとも言われています。

その1枚1枚が非常に重要な意味を持っているため、78枚のフルセットで占ったときに大アルカナのカードが多く出たとしたら、人生の転機を迎えようとしているという暗示になります。進路、恋愛、結婚など人生に大きく関わるイベントを占う際にはこの大アルカナのみを使用する占い師も多いようですね。

小アルカナ(しょうあるかな)

小アルカナは、現代のトランプのようにワンド・ソード・カップ・ペンタクルまたはコイン(杖・剣・聖杯・護符または硬貨)という4種のスート(属性)に分かれた56枚のカードです。

各スートは1~10までの「ピップカード(数札)」と、宮廷の人物が描かれた4枚の「コートカード(人物札)」を合わせた14枚のカードで成り立っています。トランプでいうところのエース1~キング13に1枚足した構造と考えるとわかりやすいです。

こちらは大アルカナに比べ比較的小さな出来事や感情の動きなど、長い人生においてはあまり差し障りのない日常的な変化を表しています。

基本的に小アルカナだけで占いをするケースはほとんどみられませんが、大アルカナと合わせフルセットで使用することで、カードの意味をより深く解釈するための手助けをしてくれます。

正位置と逆位置

タロット占いでは同じカードでもその向きが「正位置」なのか「逆位置」なのかで、カードのリーディングが変わってくることがあります。

正位置とは、カードの天地が正しいもの。
逆位置とは、カードの向きが逆さになっているものです。

基本的に、逆位置のカードは正位置のカードの意味を反転させて解釈します。
また、その他にも正位置のカードの意味を弱めたり、正位置のカードの啓示するメッセージを受けとる速度が遅れる、といった解釈方法もあります。
単純に正位置だから良い、逆位置だから悪い意味というわけではないので注意しましょう。

また、日本のタロット解説書ではこの正位置、逆位置の意味をはっきりと固定したものが多いですが、「マルセイユ版」や「トート版」など、逆位置を採用していないタロットカードも多く存在しています。

タロット占いはインスピレーションを大切にした占いなので、イラストや象徴的なシンボルの持つ意味を決まった言葉に当てはめてしまうと、その解釈を狭めてしまうことにもなるんですね。
現代のタロット占い師のなかでもこの正逆にこだわらず占いをする方も少なくないそうですよ。

まとめ

大アルカナや小アルカナ、正位置や逆位置など学べば学ぶほど奥の深いタロットですが、タロット占いには「こうしなければならない」という絶対的な決まりはありません。占いたい内容や、占ってもらう占い師によっても様々な占い方法、解釈方法があります。
自身でタロット占いをうける際には、カード1枚の意味に一喜一憂せずに、質問に対する正しいメッセージを受け取れるよう気をつけていきましょう♪

関連記事

【占術法】未来がわかる?タロット占いってどんな占術?